ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月21日

バイエルン、酒井宏樹所属マルセイユとテストマッチ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜日からチャンピオンズリーグ再開に向けて再始動した、バイエルン・ミュンヘン。コロナ検査に続き、火曜日からは初めてバーチャルトレーニングが実施されており、そこには新加入のリロイ・サネ、アレクサンダー・ニューベル、タンギー・クアッシらの姿も見受けられた。木曜日から少人数性にて練習を、そして7月26日からは通常通りにチームトレーニングを行う予定となっている。

 そんな中で火曜日には、その腕試しとして酒井宏樹が所属する、オリンピック・マルセイユとのテストマッチで合意に達したことを明らかにした。ちなみにテストマッチの対戦相手はあくまで、定期的にコロナ検査を受けているクラブのみに限られており、7月31日の日本時間23時から行われるこの試合でも無観客にて開催されることになる。

 ハンジ・フリック監督は、「CL16強FCチェルシー戦でのセカンドラウンドに向けて、最適なタイミングで実施することができる」と喜びを述べており、「選手はもとよりコーチたちも含めて、非常に集中して、質の高い仕事を遂行していくことになる」と、意気込みをみせた。なおチェルシー戦での初戦では、バイエルンは3−0と好発進をみせている。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報