ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月22日

37才のリベリ「心と体が持つ限りプレーし続けたい」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 37才となったフランク・リベリだが、現役続行への闘志に対する陰りは微塵も見られない。伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトに対して、元フランス代表MFは、「やる気と体がしっかりと持つ限りは、僕としてはプレーを続けていきたいと思うよ」と宣言した。「僕にとって、サッカーは単なる仕事というだけではない。喜びであり、情熱なんだ」

 昨夏よりイタリアのフィオレンティーナへと戦いの場を移している同選手は、昨季はセリエA19試合に出場して3得点をマーク。それ以前はバイエルンにて12年間過ごしており、「ミュンヘンは僕にとっての第二の故郷。たくさんの友人たちがいるし、たくさんの事を恋しく感じるよ」とも明かした。なおフィオレンティーナとの契約は、来シーズンいっぱいまで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報