ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月22日

イングランド期待の若手ウィンガーを、今度はバイエルンが獲得?

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日には英国期待の若手MFジュード・ベリングハムが、バイエルンやマンチェスターU、ユベントスらとの争奪戦を制したボルシア・ドルトムント移籍を発表したばかりだが、その一方でここのところイングランドでは今度は、16才の期待のウィンガー、ベニシオ・ベイカー=ボアイティのバイエルン移籍の噂が浮上。

 ウェストハム・ユナイテッド所属のレフティに対しては、本来ならば1月9日に17才の誕生日を迎えた時点で、プロ契約の締結をクラブ側が目指していただけに、売却となれば育成に対する対価のみを手にするだけに、より一層に大きな痛手だと言えるだろう。

 そんな中、イギリスのスカイスポーツは、同選手がすでに水曜日にはドイツへと渡り、そこで「いくつかのクラブ」との交渉を行ったとのこと。そしてその中には、噂されるバイエルン・ミュンヘンも含まれているとも報じられた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報