ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月26日

ホッフェンハイム、バイエルン下部ヘーネス監督と合意へ

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 kickerが得た情報によればTSGホッフェンハイムは、セバスチャン・ヘーネス監督と合意に達したようだ。38才の指揮官とは、来週はじめにも契約書にサインを交わす見通し。ブンデスリーガで唯一、監督不在となっていたホッフェンハイムでは、ここのところはヘーネス監督が後任候補として有力視されているところだった。

 かつてヘルタ・ベルリンにてマネージャーを務めたディーター・ヘーネス氏を父にもち、バイエルンのウリ・ヘーネス名誉会長の甥でもある38才の指揮官は、2017年にRBライプツィヒのユースチームからバイエルンのユースチームへと渡っており、昨夏にはU19からU23へと昇格している

 そしてブンデス3部に属するセカンドチームを、「見事な後半戦での戦いぶり」をみせて優勝へと導いたヘーネス監督について、バイエルンのハンジ・フリック監督は本日、「彼の目標が、ブンデスリーガの舞台にあることは、誰もが察しているしわかっていることだよ。それは至って普通のことさ。彼はここに爪痕を残し、成功をおさめたんだ。」とも強調していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報