ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月12日

大きな意欲と自信を胸に、メッシ封じに挑むバイエルン

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これから迎えるチャンピオンズリーグ決勝トーナメントは、準々決勝に進出した8クラブが、ポルトガルの首都リスボンにて一同に会し、そしてノックアウト方式により王者を決することになる。レオン・ゴレツカは「2試合に渡って戦うのであれば下馬評で優位なクラブが勝ち抜く可能性が高い」ものの、1試合のみとなれば「少し派手さには欠けるかもしれない」が、「サプライズが起こる」こともあると指摘。同じノックアウト方式のドイツ杯を引き合いに出し「大好きなんだよね」と言葉を続けた。

 ただそれと同時に、わずか1試合で勝敗が確定する戦いに、「今回のチャンピオンズリーグは、決して容易な道のりではない」とも強調。ただモチベーションとしては「本当に僕たちは熱くなっているし、それはもうこれ以上にないほどだ」とも述べており、その高い意欲と共にバイエルンでは、今年に入ってから無敗を継続という大きな自信も胸にバルセロナ戦へと臨んでいることだろう。

 だがそこに立ちはだかるのが、リオネル・メッシだ。いかにしてメッシを止めるのか?この問いにゴレツカは、「きっとこれまでにも何百、何千とこの質問が寄せられてきたのだろうけど」と笑顔をみせつつ、「みんなでいくしかないよ。彼がいかに才能を持った選手であるか
、それは誰もが知るところじゃないか」と指摘。しかしバイエルンがそれに畏怖を感じるということはなく、むしろこういった挑戦を好む傾向にある。ゴレツカは「僕たちとしてはとにかく、チームとして向き合い、そして試合を進めていかなくてはならないんだ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報