ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月19日

フリック監督、パヴァールは「先発のオプションではない」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先々週の土曜に行われたチャンピオンズリーグ16強FCチェルシー戦では、保護シューズに松葉づえ姿で試合を観戦していた、バイエルン・ミュンヘンのベンジャマン・パヴァール。しかしながら既に、これまでの間でリハビリプログラムはほぼ全て完了済みとなっており、チーム練習にも復帰を果たしているところだ。

 ハンジ・フリック監督は「彼は本当に、とても一生懸命に、取り組んできた」とコメント。「彼がここにいてくれて、みんながハッピーだよ」と言葉を続けている。ただそれでも準決勝オリンピック・リヨン戦からオプションとなるか「最終調整の様子をみてみる」という指揮官だが、「あくまで先発のオプションとしてではなく、メンバー入りという話だよ」とも強調した。

 そのパヴァールの代役として中盤からスライドしているキミヒは、ここまで非常にうまく機能する姿をみせているところであり、さらに代わりに入ったティアゴとゴレツカによる中盤も、ここのところは非常にうまく調和がとれている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報