ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月19日

「驚くべき成長を遂げた」レオン・ゴレツカ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 レオン・ゴレツカがバイエルン・ミュンヘンへと移籍して2年。何度かの負傷に見舞われ調子を崩した時もあったが、特にコロナ危機による中断をうまく活用。「リーグ戦再開後は、彼は非常に体調面が良く、自信をもって戻ってきた」とハンジ・フリック監督が語るように、ゴレツカは一回り筋肉と体力を増して、負傷からも開放されている。

 そしてバイエルンの中盤で縦横無尽に、リーグ戦ではキミヒのパートナーとして、CLではティアゴのパートナーとして活躍を披露。「レオンは非常に存在感があるね」と指揮官も賞賛を述べ、「彼は非常に激しく、攻撃的なプレスで相手を追い込み、そして数多くのボールを奪取してみせている」と評価した。特にバイエルンのプレスとゲーゲンプレスにおいて、これらの資質はまさに求められるものだ。

 「彼は我々にとって非常に重要な存在であり、彼の成長には何よりも満足している」と目を細めたフリック監督は、チーム内において「非常に良いくみあわせ」が見受けられるなかで、「とりわけゴレツカを例にあげるとするならば、彼は驚くべき成長を遂げ、特にこのコロナ危機において素晴らしい活躍をみせているよ」と、言葉を続けている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報