ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月20日

ティアゴとリヴァプール、ポイントは移籍金

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜夜に行われたチャンピオンズリーグ準決勝オリンピック・リヨン戦で勝利を収め、三冠達成への夢をさらにつなぎとめたバイエルン・ミュンヘン。これによりティアゴ・アルカンタラの移籍問題について、さらにもう1試合分を延期することにもなった。

 この日も先発出場し、レオン・ゴレツカとボランチコンビを形成したスペイン人MFは、すでに来夏まで契約を残すバイエルンからの退団、新たな挑戦の模索を希望していることを伝えており、その去就に注目が集まっているところ。

 ただ同じく去就が注目されるダヴィド・アラバ自身が、先日に「今はCLに100%集中している」のは至極当然のことではあるものの、それでもプレミア王者FCリヴァプールへの移籍は刻々と近づいているとはいえるだろう。ただし今もなお移籍金の問題は残されたままだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報