ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月06日

ティアゴ「バイエルンから移籍するとは言ってない」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ティアゴ・アルカンタラが2021年まで残されているバイエルン・ミュンヘンとの契約を、延長することなく新たな挑戦を模索しているということは、既に数ヶ月前より明らかとなっていることだ。だが日曜日にスペイン代表MFは、少なくとも残留に向けての可能性の扉を開いた。「僕はバイエルンから移籍するとは言っていない」

 三冠達成の王者バイエルンの中盤を司り、kickerポジション別ランキングではワールドクラスにまで上りつめた同選手からのこの言葉は、少なくともバイエルン・ミュンヘンのファンにとって希望を懐かせる発言だ。「僕の未来は、あくまで明日の試合にある」

 ただこれからウクライナ代表選へと臨むティアゴについては、以前にバイエルンのカール=ハインツ・ルメニゲ代表が、7年在籍したクラブを後にする可能性が高いことを何度か公言しており、そしてその移籍先の有力候補として昨季チャンピオンズリーグ王者FCリヴァプールの名前が浮上しているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報