ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月11日

クロップ監督「ティアゴが本当に良い選手って言った?(笑」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 実際のところFCリヴァプールで指揮をとるユルゲン・クロップ監督にとって、今は翌日に控えたプレミアリーグ開幕戦リーズ・ユナイテッドとの戦いだけが全てである。

 この日に契約が延長された相手指揮官について「彼を尊敬しているし、彼のチームは見事だ」と賛辞を送り。改めてリーズについて、「ワールドクラスの監督が率いる、激しいサッカーをみせる、まさにプレミアのクオリティをもったチームだ」と評価した。

 ただそれでも会見の席では、移籍市場の話題にも及んでおり、バルセロナとの繋がりが指摘されているジョルジニオ・ワイナルドゥムについては、「もう500回か600回は彼のことを話したんじゃないか」という以上に語るつもりはなく、またバイエルンのティアゴに話が及ぶと「もし噂を抹殺できる言葉が思いつけば、大金持ちになれるだろうが」とコメント。

 その上で、「ティアゴが本当に良い選手って言った?だいぶ前のことだろ!」と、そのトレードマークとも言える大きな笑顔を見せて答えると、改めて「彼のような選手との繋がりが指摘されることは喜ばしいことさ、だけどそれだけだよ」と、言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報