ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月15日

バイエルンに3度目の入団、ピサーロがアンバサダーで復帰

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンは通算3度目となる、クラウディオ・ピサーロの獲得を発表した。だが今回は選手としてではなく、ブランディング・アンバサダーとしてであり、元ペルー代表FWは「全力を尽くすよ」と意気込みをみせている。「バイエルンの名前、伝統、価値観というものを、世界中に伝えることへ貢献していきたい」

 これまでバイエルン・ミュンヘンではブランディング・アンバサダーに、ジオバネ・エウベル氏、ローター・マテウス氏、そしてビセンテ・リザラズ氏が就任していたが、これに今夏現役生活にピリオドを打った名ストライカーも加わることとなった。

 アンドレアス・ユング広報担当は「ファンから愛され高く評価される」ピサーロは、その明るい「南米気質」と「選手としての数多くの成功」から「完璧なアンバサダーだ」と評価。既に『FCバイエルン・レジェンズ』でもお馴染みとなっており、「今回アンバサダーとして戻ってこれたことをとても嬉しく思うよ」とピサーロも喜びを語っている。

 「ミュンヘンに戻ってくることは夢だった。バイエルンは常に1つのファミリーのようと言われるけど、僕自身もそれをまさに実感している。そして今回の新たな役割では、僕はまたクラブのために全力を尽くしていきたいと思うよ」

 バイエルンでは327試合に出場し、125得点をマークしたクラウディオ・ピサーロは、2013年の欧州三冠達成のメンバーの1人でもあり、リーグでは通算6度、国内カップ戦では通算5度、そしてクラブW杯では通算2度の優勝を果たした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報