ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月17日

ティアゴとの別れ、フリック監督「クロップ監督におめでとう」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ティアゴがバイエルン・ミュンヘンを後にする。ハンジ・フリック監督はスペイン代表MFとの別れについて、「本当にとても感傷的なものだった」と明かした。それと同時にこれは、指揮官にとってこれから、ティアゴ不在という中でのシーズンを迎えることも意味する。すでに同選手の移籍を巡っては、両クラブ間で移籍金3000万ユーロで合意に達したことが伝えられており、ただ今のところはまだ正式な発表はいずれからもなされていない。

 「ティアゴはここで過ごした7年の間で、非常に多くの成功を収めてきた、卓越したプレイヤーだった」とフリック監督は木曜の会見の席にて称賛、「彼はチームのために多くのものをもたらしてくれたよ」と言葉を続け、「想像できないような方法で打開策を見出してくれる選手。まさにプロという取り組みをみせる、素晴らしい人間性をもった人物であり、指導者として共に取り組めたことは喜びだった。クロップ監督には、ただおめでとうとしかいえない」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報