ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月19日

ニャブリとサネは新『ロベリー?』フリック監督「落ち着こう」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜夜に行われた2020/21ブンデスリーガ開幕戦FCシャルケ04戦にて、8−0とこの上ないスタートを切ったバイエルン・ミュンヘンではあったものの、ハンジ・フリックは落ち着いた様子で試合についてコメント。とりわけこの試合では、それおぞれ3得点に絡んだドイツ代表FW、リロイ・サネセルゲ・ニャブリへと関心が集まったが、デビュー戦となったサネについては「うまく試合に入って行けたね」と述べ、「よかったよ」とコメント。出遅れ気味なシャルケ守備陣を相手に、そのスピードでかき乱した様子には「二人ともよくやってくれたね」と評価した。

 今シーズンからサネは、ロッベン、コウチーニョと受け継がれてきた10番を背負い、そしてニャブリもまたリベリ以降空位となっていた7番をつけてプレー。これは新たな『ロベリー』の誕生を予感させるものなのだろうか?「おいおい、よしてくれ。それは私には関係ないことだよ」とフリック監督。「初戦を終えたばかりなんだから、まずは落ち着こうではないか」と述べ、「この状況をうまくクリアしてくれた」選手たちは「前半ではもっと得点してもよかったほどだった」と称賛。「今日は非常に満足している」と言葉を続けている。


 なおバイエルンでは来週の木曜日には昨季チャンピオンズリーグ王者として、今度は昨季ヨーロッパリーグ王者FCセビージャとのUEFAスーパーカップが控えているところ。ただドイツでは開催地のブダペストがコロナ危機による危険地域に指定された一方で、UEFAはあくまで予定通りに観客を動員しての開催を目指しているが、このことについてフリック監督は「私たちが決めるようなことではないのだから」と指摘し、「次のタイトル獲得を目指して頑張っていきたい」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報