ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月19日

バイエルンのVIP席で、コロナ衛生規則違反?

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ソーシャルディスタンスを意識することなく、そして感染防止のために鼻や口を保護することもなく、バイエルン・ミュンヘンのVIP席では無観客開催の中、バイエルンの首脳陣らが観戦する姿が見受けられた。

 クラブ側の発表によれば、このような対応をとった背景には、「バイエルン州による感染症対策規則」があるとしており、それによれば最大10人までが公共の場で集まることが可能と強調。

 しかしながら同規定にはそれと同時に、その第一項において「いずれも他人との身体的接触を、最小限に抑えなくてはならず、可能な限り集団を一定に保つこと」と勧告がなされており、その距離は具体的に「1.5m以上」と明記。

 だがバイエルンのVIPで観戦する人々の姿からは、座席の間における間隔は確保されておらず、その上コロナウィルス感染防止のために口、鼻を覆った痕跡さえ見当たらない。

 つまりは王者バイエルン・ミュンヘンの首脳陣たちは、ブンデスリーガが定める衛星概念に明らかに矛盾していたことになり、ドイツサッカーリーグ機構では既に事実解明へと乗り出している模様。kickerからの問合せに対して、広報担当は「バイエルンとドイツサッカーリーグ機構が連絡をとっている」ことを認めた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報