ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月29日

リロイ・サネが負傷離脱、アラバも出場が危惧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 明日水曜にはボルシア・ドルトムントとのDFBスーパーカップが控えるバイエルン・ミュンヘンだが、この試合ではダヴィド・アラバを欠いて臨むことを余儀なくされるかもしれない。少なくともリロイ・サネについては既に、しばらくの間離脱することが明らかとなった。

 週末に行われたTSGホッフェンハイム戦にて、バイエルンは実に33試合ぶりとなる敗戦を喫することとなってしまったのだが、さらにこの試合ではリロイ・サネも負傷。今夏にマンチェスター・シティから加入したドイツ代表は、フリック監督によれば右膝の関節胞を損傷しており、「代表戦期間後の復帰を期待している」という。そのため10月15日に行われるドイツ杯初戦デューレン戦、もしくはリーグ戦のビーレフェルト戦のいずれかの復帰ということになりそうだ。

 なおそのホッフェンハイム戦にてフル出場していたダヴィド・アラバについては、筋肉系の問題を抱えているとのことで、こちらについては「まだ様子見である」と欠場の危機に瀕していることが明らかとなっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報