ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月04日

バイエルン、ブライトンのランプティにオファーか

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜日に閉幕を迎える今夏の移籍市場において、右サイドバックの補強を模索してきたバイエルン・ミュンヘン。しかしながら獲得を目指していたアヤックスのセルジーニョ・デストは先日、FCバルセロナへと移籍することを決断。そんな中、イングランドではバイエルンが、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンへオファーを提示していることを伝えた。

 その視線の先にいる選手の名前は、タリック・ランプティ。チェルシーにて4年間に渡り育成を受けてきた20才のディフェンダーは、2019年末にチェルシーにてプロデビュー。イングランドユース代表としてもプレーしており、今回提示したと言われる2000万ユーロという金額は、どうやらブライトン側を満足させるものではなかったようだ。

 身長164cmのランプテイは、ベンジャマン・パヴァールのバックアップを務められる、これから才能を開花させることを目的とした選手という点で、確かにバイエルンの思惑に合致したタイプであり、そのほかにも候補としては、同じくイングランドから20才の、ノリッジ・シティ所属マキシミリアン・アーロンズの名前も浮上している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報