ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月06日

バイエルン、マルセイユからブナ・サール獲得

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンはベンジャマン・パヴァールのバックアップとして、オリンピック・マルセイユからブナ・サールを獲得した。夏の移籍市場最終日となったこの日は、エリック=マキシム・シュポ=モティングやダグラス・コスタ獲得など、積極的な動きをみせていた王者だが、さらに守備陣のバックアップ補強にも成功。

 2015年に移籍金200万ユーロでメッツからマルセイユへと加入した同選手は、バイエルンにとっては7人目のフランス人選手(ただしミカエル・キュイザンスは入れ替わりでマルセイユ移籍の流れ)であり、今回の契約期間は2024年まで。「バイエルンのような、偉大なクラブに加入できてとても嬉しい」と喜びをみせている。

 またハサン・サリハミジッチSDは「ブナ・サールはダイナミズムをもった右サイドバックであり、我々のプレーに対する認識に非常にマッチしている」と説明。「28才という豊富な経験と安定感をチームにもたらしてくれることだろう。更なる飛躍を期している」と言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報