ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月21日

バイエルンで初、セルゲ・ニャブリからコロナ陽性が確認

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンから初めて、コロナ陽性反応が選手から示されたことが発表された。セルゲ・ニャブリが新型コロナウィルスへと感染していることが確認されたために、既に隔離生活へと入っているという。

 これは翌日にチャンピオンズリーグGL初戦アトレチコ戦を控えた水曜夜に伝えられたものであり、選手たちは水曜にもコロナ検査を受けることから、まだどれほどの影響がチーム自体にもたらされることになるかは不透明。ただ子供の誕生が控え、週末のリーグ戦も欠場していたジョシュア・キミヒの出場には疑問符も。

 なおバイエルンでは今週末にブンデスリーガ第5節アイントラハト・フランクフルト戦に加え、さらにバイエルンでは翌火曜にもチャンピオンズリーグ第2戦ロコモティフ・モスクワ戦が控えているところだ。

 ニャブリは今季はここまでリーグ戦4試合全てで先発出場しており、開幕戦のシャルケ戦ではハットトリックをマーク。ヘルタ・ベルリン戦ではアシストも記録しているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報