ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月25日

バイエルン、デイヴィースが右足首の靭帯断裂。長期離脱へ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンではもしかすると、アルフォンソ・デイヴィースを長期間に渡り欠いて臨むことになるかもしれない。土曜午後に行われたアイントラハト・フランクフルト戦での開始直後、フランクフルトのパスに反応をして方向転換を試みた際、19才のカナダ代表は右足首が芝にとられて捻挫。そのまま痛みで顔を歪めてピッチへと倒れ込んだ。

 デイヴィース自身、即座に酷い負傷を負った可能性を感じ取っていたようで、すぐさま交代の必要性があることを示唆。バイエルンのスタッフに両脇を抱えられる形でピッチを後にしている。同選手の代わりには、フランス代表リュカ・エルナンデスが起用された。

 そして試合後に、ハンジ・フリック監督はデイヴィースが、足首の1つの靭帯を断裂し、さらに部分断裂しているものも確認されたことを明かしており、離脱期間としては6〜8週間が見込まれるところ。バイエルンは過密日程の最中にあるだけに、うまく穴埋めをはかっていかなくてはならない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報