ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月17日

ノイアー、ゼップ・マイアー超えに「誇り」

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 実際のところヨアヒム・レーヴ代表監督はマヌエル・ノイアーについて、「多くを語る必要などないだろう」と考えている。本日のスペイン代表戦にて代表96試合目を迎える同選手は、レジェンドであるゼップ・マイアー氏を交わし、ドイツ代表GKとして最多出場記録を塗り替えることになるのだ。

 「マヌはこの11年間で傑出したパフォーマンスを見せてくれた、この上ないほどに。まさに彼は世界最高のゴールキーパーだよ」と改めて賛辞をおくった指揮官は、特にその人間性、主将としてここ数年で非常に大きく成長したとみており「我々にとって値千金の価値をもつ」と評している。

 一方のノイアーは、ゼップ・マイアー氏超えとなる今回の試合を心待ちにしているところであり、「彼はまさに伝説」と説明。「このことを誇りに感じるし、ぜひこの試合を楽しめれば」と意気込みをみせた。だがこの試合にかかるのは個人の名誉だけではない。引き分け以上でグループA1位でネイションズリーグをフィニッシュすることになり、「成功で今年を締め括りたい」とノイアー。

 とりわけコロナ危機による苦難、チームに対する批判の声も挙がるなど、非常に困難な1年となったチームにとっては、この成功という経験は重要なものになると考えており、「批判も減少していくのではないか」、そして世代交代のなかで「挫折も経験したし、失点も多すぎた。でもこういうものだしプロセスには満足している。そして成功をおさめることは、このチームにとって非常に重要な意味をもつこともわかっている」と強調した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報