ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月25日

フリック監督、ズーレのメンバー外の理由を説明

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日の代表戦期間に行われたスペイン代表戦ではハーフタイムで交代、先週末のブレーメン戦ではメンバー入りも見送られていた、バイエルン・ミュンヘンのニクラス・ズーレ。その際には「練習不足」との説明がなされていたのだが、水曜日に迎えるチャンピオンズリーグでも出場が見合わされることが発表された。

 このことについてハンジ・フリック監督は、コロナ感染による8日間の隔離生活を経て、「たった1回しか練習ができていない」ままドイツ代表へと参加しており、指揮官の経験上「そこでの練習は我々のように集中的に行われるものではないからね」とコメント。つまり「現時点では、練習の遅れを取り戻していく必要がある」ということであり、具体的には体力面のみならず「全ての分野で言えることだ」と語った。

 「ズーレは2度の重傷を乗り越えてきた背景がある。だから万全の状態にすることが重要なんだよ。特に連戦が続くこの局面において、その次の試合などに向けても準備を進めていくということが大切になってくるものなのだ。つまりは過密日程での限られた練習ばかりでは次のレベルに引き揚げていくだけのコンテンツが不足しているということだよ」

オレンジに染まるアリアンツ・アレナ


 なおバイエルン・ミュンヘンの本拠地アリアンツ・アレナでは、1年前の11月25日と同様にオレンジにライトアップされているところ。これは女性に対する暴力撤廃の国際デーに対する支援の一貫であり、ただ試合開始直前の午後8からは普段の赤へと変更されることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報