ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月30日

バイエルン、ノイアー、レヴァンドフスキ、ゴレツカをメンバー外に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでにチャンピオンズリーグ16強入りを、グループリーグ首位通過で確定させたバイエルン・ミュンヘンにとって、これから迎えるアトレチコ・マドリー戦にて主力3選手を温存するというアイデアは、決して悪くはないだろう。

 守護神マヌエル・ノイアー、得点王ロベルト・レヴァンドフスキ、中盤の要レオン・ゴレツカは、今回の遠征メンバーに名を連ねることはなく、ミュンヘンに残り回復へと時間をあてていく。

 とりわけコロナ危機による過密日程に加えて、週末には同じくチャンピオンズリーグを舞台に戦う強豪、RBライプツィヒとの注目の一戦が控えているところを考慮するならば、十分に理解のできる決断だ。なおシュトゥットガルト戦にて負傷したコランタン・トリッソもミュンヘンに残る。

 そのためこの試合では今夏にシャルケより加入したアレクサンダー・ニューベルが、バイエルンのユニフォームに身をつつんで最初のチャンピオンズリーグの試合に臨むほか、エリック=マキシム・シュポ=モティングがトップの位置に入ってプレーすることだろう。  
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報