ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月05日

バイエルンの若手MFシュティラーへ、ホッフェンハイムから関心

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日行われたアトレチコ・マドリー戦では、バイエルン・ミュンヘンのハンジ・フリック監督はブライト・アクウォ・アレイ=ムビを左サイドバック、ジャマル・ムシアラを中盤で起用、またクリス・リチャーズもトップチームにて幾度なく出場機会を得るなど、若手選手たちにとってバイエルンのトップチームへの夢は膨らみをみせているところだ。

 しかしながらその中には、アンゲロ・シュティラーの名前は含まれていない。在籍10年が経過する19才のMFだが、ボランチの争いにおいては決して見通しは明るくはなく、今夏にはマリク・ロカ(24)やティアゴ ・ダンタス(19)を獲得。一方で契約最終年度にあるシュティラーにとっては厳しい状況であり、このままバイエルンを後にする可能性もあるだろう。

 そんな中で今季ブンデス3部にて9試合に出場(kicker採点平均3.39)しているシュティラーに対し、kickerが得た情報によれば、昨季までバイエルンU23にて同選手を指導しシュティラーをAユースから引き上げた、セバスチャン・ヘーネス監督率いるTSGホッフェンハイムが、シュティラーに対して関心を抱いているようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報