ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月07日

バイエルン:19才GKシュネラーとの契約を延長

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2012年からバイエルン・ミュンヘンに在籍し、これまで一貫して同クラブのユースにて階段を上ってきたルーカス・シュネラーが、バイエルン・ミュンヘンとの新たな契約にサインを済ませた。

 ブンデス3部第13節にてセカンドチームデビュー戦を飾ったばかりの19才GKは、さらに先日行われたチャンピオンズリーグGL第5節アトレチコ・マドリー戦にてメンバー入り。そしてこの度、地元ミュンヘンのバイエルンとの2022年までの再契約を交わしている。

 「ここのところは僕にとって、本当に特別な時間を過ごすことができたよ。とてもモチベーションが上ったね。これからもこういった経験を積み重ねていけるように、日々の努力を惜しまず取り組んでいきたい」と、バイエルンのクラブ公式にて同選手はコメント。

 一方でユースセンター担当のザウアー氏は、「ルーカスは非常に志を高くもった青年であり、最近は非常に良い成長もみせている。ロストックにて良いセカンドチームデビューを果たしており、ここで次のステップへと進む機会を得たことを嬉しく思うよ」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報