ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月14日

バイエルン、タンギー・クアッシが再び長期離脱

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンはこれからしばらくの間、再びタンギー・クアッシを長期間に渡り欠いて臨むことを余儀なくされた。18才の若手ディフェンダーは、大腿の負傷を抱えたために、今季のはじめにはすでに数週間に渡り離脱。そして再び同じ負傷へと見舞われている。

 バイエルン・ミュンヘンが土曜日に発表したところによれば、クアッシは最終調整が行われた金曜の練習中に、右大腿の筋束を断裂したとのこと。そのため今夏にパリ・サンジェルマンから加入したばかりの同選手は、ようやく先日のシュトゥットガルト戦にてデビュー戦を果たしたものの、これから2ヶ月の離脱を余儀なくされることになる。 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報