ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月18日

ブンデス初!FIFA最優秀選手賞にレヴァンドフスキ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ史上初となる、FIFA最優秀選手賞にロベルト・レヴァンドフスキが選出された。ポーランド代表主将にとって、2020年はまさにキャリアの絶頂期となった。ブンデスリーガでは34得点、ドイツ杯では6得点、そしてチャンピオンズリーグでは15得点をマークして、全ての大会で得点王を獲得。さらにいずれの大会においても優勝も果たしている。


 なお1991年より授与されている同賞では、ドイツ人選手としてはその初回にローター・マテウス氏が受賞しているものの、ブンデスリーガではなくセリエAのインテルにてプレー。2014年にはバイエルンのマヌエル・ノイアーが最終選考まで残ったものの、メッシとロナウドの後塵を拝する格好で3位に。しかしながらあれから6年が経過し、今度はその二人を抑える形で32才のレヴァンドフスキが栄冠を手にした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報