ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月03日

バイエルン、コマンがマインツ戦を負傷欠場

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 年明け最初に行われるブンデスリーガ第14節1.FSVマインツ05戦に向け、バイエルン・ミュンヘンのハンジ・フリック監督はタンギー・クアッシ、マルク・ロカ、そしてキングスレイ・コマンも欠いて臨むこととなった。

 ここまではロベルト・レヴァンドフスキと共に、バイエルンのオフェンス陣を牽引する活躍を続けてきた若きフランス代表ウィンガー。とりわけ直近のバイエルンの10得点のうち、9得点に直接絡むなど得点、アシストの両面で結果を残していたものの、昨年末の最終戦レヴァークーゼンとの首位攻防戦にて負傷交代。
 
 それからドイツ杯2回戦は延期となったことから直接冬季休暇へと入り、ここまで回復を目指してきていたが、日曜日のマインツ戦については出場が見送られている。「ただ長期離脱ではないよ。グラードバッハ戦では再びオプションになると考えている」と指揮官。

 今は負傷した大腿へと徐々に負荷をかけているところであり、マインツ戦に向けて再始動した際には、共に自転車による練習へと参加する様子も見受けられていたが、ただ今回は医療陣と話し合いの結果で大事をとり、来週からチーム練習へと参加する見通しとなっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報