ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月13日

遠藤渓太所属のウニオン、バイエルンの若手ウィンガーに関心か

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨季にクラブ史上初となるブンデスリーガ1部昇格を果たしただけでなく、降格の危機へと瀕することなく初の1部残留を果たし、そして2シーズン目も半ばまできたところで5位と、まさにサプライズを演じ続けている1.FCウニオン・ベルリン。

 しかしながらその陰ではクルーゼ、ポーヤンパロ、ウジャーといった、FW陣がこぞって負傷離脱となったという背景もあり、候補として2部パダーボルンのベテランCFスウェン・ミヘルが浮上したが、ルーネルト競技部門取締役は国営放送とのインタビューで「関係ない」と一蹴した。

 そんな中で今度はドイツの大衆紙ビルトが、バイエルンの若手FWレオン・ダジャクへの関心について報道。一昨年にセカンドチームへ加入した19才は、左ウィングやセカンドトップなどでプレー。シュトゥットガルト時代も含めブンデス4試合に出場し、今季はドイツ杯初戦で30分プレーしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報