ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月14日

ルメニゲ代表、UEFAはCLで「サッカー・ウィーク」を企画中

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 リフォームが検討されているチャンピオンズリーグだが、バイエルンのカール=ハインツ・ルメニゲ代表取締役によればそのうちの1つは、昨夏にリスボンにて行われた決勝トーナメントをモチーフにしたもののようだ。

 クラブ公式でのインタビューにてルメニゲ代表は、UEFAが「サッカー・ウィーク」なるものを検討しており、それはチャンピオンズリーグの準決勝と決勝を、1つの都市にて開催するというものだという。「これはサッカーの祭典だ、スーパーボウルのような感じだろうか」

 また、昨夏にリスボンにて急遽開催されたチャンピオンズリーグ決勝トーナメントは、コロナ危機による中断の影響を受け、準々決勝からノックアウト方式にて開催されたが、「あれは非常にスリリングだったね」とルメニゲ代表。「生きるか死ぬか。次のチャンスはもはやなく、その試合の敗者はそのまま後にするしかなかったんだ」と言葉を続けた。

 さらにUEFAでは以前から、グループリーグの運営についてもリフォームを議論しているところであり、ルメニゲ代表もこれには賛成で「少し退屈になってきているところがある」とコメント。ただこのことに関する詳細については、特に明かすことはなかった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報