ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月18日

ホッフェンハイム、バイエルンから19才MFシュティラー獲得

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルン・ミュンヘンの若手アンジェロ・シュティラーは、セカンドチームにて以前に指揮をとっていた、セバスチャン・ヘーネス監督率いるTSGホッフェンハイムへと渡る決断を下した。ただし移籍は夏に行われることになるという。

 「アンジェロはドイツの中盤において、最もエキサイティングなタレントの1人。あれほど高い争いの中で、かれは バイエルンのトップチームでの出場経験を勝ち取っている。非常に良い左足をもち、巧みで、対人戦では一貫したプレーをみせており、高いレベルのサッカーIQも持ち合わせているよ」と、アレクサンダー・ローゼンSDは評している。

 2010年よりバイエルン・ミュンヘンのユースチームにて育成されてきたシュティラーは、今季はドイツ杯初戦FCデューレン戦にてトップチームデビューを果たしており、さらにチャンピオンズリーグの舞台にも2度に渡って立った。ただその一方でバイエルンでは今夏にマルク・ロカ、ティアゴ・ダンタスら、若い中盤の補強へと動いており、そこでシュティラーはかつての恩師の下で戦い舞台を求めた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報