ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月31日

ドイツ代表レーヴ監督、ムシアラの説得にあたる

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜にドイツ代表ヨアヒム・レーヴ監督がバイエルン・ミュンヘンを訪れた理由、それはどうやらジャマル・ムシアラを説得するためだったようだ。ドイツの大衆紙ビルトが報じたところによればレーヴ監督は土曜、バイエルンがホッフェンハイム戦にて勝利をおさめた後、ムシアラとその母と対面していたという。

 同紙に対して、レーヴ代表監督は17才の期待の若手について、「彼は素晴らしい才能を持っている選手、確実にね。彼はドイツ、そしてバイエルンでも特別な評価を受けており、私が彼を召集したいと思っていることを知っていると思うよ」と語ったとのこと。「決断は彼次第だ」

 シュトゥットガルト生まれのムシアラは、7才の時にイングランドへと渡っており、ドイツU18での出場経験もあるものの、イングランドの世代別代表にてプレー。イングランドU21代表では2試合に出場し、1得点をマークしているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報