ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月11日

若きドイツ代表ノイハウス、欧州強豪クラブから熱視線

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現在ボルシア・ドルトムントでは、ボルシア・メンヒェングラードバッハのマルコ・ローゼ監督のみならず、その中盤を担う若手MFフロリアン・ノイハウスにも触手をのばしているところ。

 昨年10月にドイツ代表を果たしたばかりの23才自身は、グラードバッハでの居心地の良さを強調しており、グラードバッハからも非常に高い評価を受けてはいるものの、契約には今夏4000万ユーロで移籍可能となる例外条項が含まれている。

 今季はここまでリーグ戦19試合に出場して4得点4アシスト(kicker採点平均3.11)、ドイツ杯3試合(2得点2アシスト、kicker採点平均3.5)、CL6試合(1アシスト、kicker採点平均2.75)をマークしている同選手に対しては、バイエルン、リヴァプール、マンチェスターC、ユベントスなどからの関心も寄せられている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報