ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月12日

コロナ感染のミュラーについて「専門家がしっかり計画してくれている」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜日に行われたクラブワールドカップを制した直後、ロッカールームで祝福する選手たちはその場にいることができなかった選手たちのユニフォーム、コロナ感染から回復を目指すゴレツカとマルティネス、負傷を抱えたクアッシとニューベル、プレイベートの事情で帰国したボアテング、そして前日にコロナ感染が伝えられたトーマス・ミュラーらの分を掲げた写真を投稿した。

 ミュラーは試合に先駆けて行われたコロナ検査にて陽性反応が確認、状態は良好ながら即座に隔離されていることがUEFAとバイエルンから発表されており、「ミュンヘンに戻ってすぐに隔離に入る」とクラブ関係者は説明。またフリック監督は「できる限り早く復帰できるよう願っている。その道筋は専門家たちが計画しているところだ」と語っている。「少し疲労はみられるが、それは普通のこと。いろいろな事がきになってしまうが、かなり良いとは私は思うよ」

 ただそれでもいずれにせよ、バイエルンでは今季ここまで28試合に出場し12得点16得点をマークしている元ドイツ代表MFを少なくとも、来週月曜に行われるアルミニア・ビーレフェルト戦、そしてその後のアイントラハト・フランクフルト戦では、不在のまま戦うことを余儀なくされる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報