ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月14日

ダヨ・ウパメカノ、来季のバイエルン移籍が正式に発表

RB Leipzig
RBライプツィヒ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBライプツィヒに所属するダヨ・ウパメカノが、来シーズンよりバイエルン・ミュンヘンにてプレーすることが、日曜正午に正式に発表がなされた。22才のフランス人センターバックは、契約を2023年まで残していたものの4300万ユーロで移籍可能となる例外条項が付随。新天地では2026年までの契約を締結する。

 バイエルンのハサン・サリハミジッチSDは、「バイエルン・ミュンヘンは、ダヨ・ウパメカノを獲得できたことを嬉しく思っている」と喜びを述べ、「ダヨは我々に今後数年間にとって、非常に重要な柱となってくれることだろう。我々はそう確信している」と、言葉を続けた。
 
 2017年1月にオーストリア1部RBザルツブルクからライプツィヒへと渡った同選手は、それ以降は守備の要としての活躍を続けており、複数のビッグクラブからの関心が寄せられているところだったが、先週金曜日の時点でこの争奪戦をバイエルンが制したことが明らかとなっていた。
 
 なおアラバとボアテングが契約最終年度にあるバイエルンのDF陣では、アラバと同様にCBでプレー可能な左SBリュカ・エルナンデス、逆にCBでプレー可能な右SBベンジャマン・パヴァールに加え、若手CBタンギー・クアッシや右SBブナ・サールら、フランス人選手が揃っており、さらにCBにはニクラス・ズーレと、昨季にブレイクした若きカナダ代表アルフォンソ・デイヴィースが左SBに控えている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報