ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月18日

バイエルンでここまで期待外れのブナ・サール

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 バイエルンが昨年10月に、オリンピック・マルセイユからブーナ・サール獲得を発表したことは、1つのサプライズであった。29才とベテランながら国際舞台は未経験で、なおかつトップリーグでの経験もない選手を、1000万ユーロを投じ4年契約を締結したのである。逆に似たような条件で加入した、22才のリードル・バクーを考えれば尚更である。

 そして後者は将来有望な若手右サイドバックへと飛躍をみせているのに対し、サールの方はパヴァールの不振、超過密日程にも関わらず、リーグ戦での出場はわずか4試合。先日は昇格組ビーレフェルト相手に先発するも、1点目と3点目で精彩を欠くなど1時間ももたずに交代を宣言されており、ドイツ杯2部キール戦でも先発するもkicker採点4.5、チームも格下相手にまさかの敗戦を喫した。そのためこの夏にもバイエルンは再び、頼れるバックアッパーを模索する可能性はあるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報