ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月24日

注目の逸材ムシアラ、ドイツ代表選択、バイエルンと延長決意か

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 また若干17才という年齢にも関わらず、王者バイエルン・ミュンヘンにてブンデスリーガ17試合に出場、3得点をもマークしているジャマル・ムシアラ。本日火曜に行われたチャンピオンズリーグ16強ラツィオ・ローマとの初戦でも先発出場して貴重な追加点。17才363日でのCLゴールは、バイエルン史上最年少というオマケつきにもなった。

 その試合開始前、ハンジ・フリック監督は「ここ数週間、彼の人生では非常に多くの、新しいことが起こっている。1つは、新しい契約だ。彼は17才なんだ。それを忘れてはいけないよ。そしてドイツ代表かイングランド代表かの決断を下したというのもある」とコメント。

 新しい契約とは来季まで残され、その動向が注目されていた契約の更新ということであり、そして更にシュトゥットガルトに生まれ、イングランドに長年住んでいた同選手は、ドイツU16以降はイングランドのユースでプレー。両国での出資格があり、その選択の行方について注目されているところだった。

 だがそのスカイとのインタビューの中でフリック監督は、具体的にその決断がイングランド代表なのか、それともドイツ代表なのかとの問いには「それは自分で直接聞いてみてくれ」とコメント。ただここのところイングランドでは、どうやらムシアラがドイツ代表入りを決断したようだとのうわさが流れており、既にレーヴ監督との接触もあったようだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報