ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月27日

バイエルンの敵はバイエルン?フリック監督「そうは思わない」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 チャンピオンズリーグ16強1stレグでは、バイエルン・ミュンヘンはラツィオ・ローマを相手に再び素晴らしい日を過ごす結果になったのだが、しかしながらこれから臨むリーグ戦では様子が異なる。2試合連続未勝利により、2位RBライプツィヒとの勝ち点差は2にまで縮まってしまったのだ。だがハンジ・フリック監督は、その「前兆」のようなものは昇格組ビーレフェルト(3−3)、そしてフランクフルト戦(1−2)の前からも感じていたとコメント。ただし「言い訳をするつもりはないがね」と付け加えている。

 それでは週末には残留争いを展開する1.FCケルンとの一戦が控えているところだが、ここでチャンピオンズリーグの舞台と同じような真摯な姿勢で試合に臨むことができるのか?実際にこれまでにもバイエルンは、異なる表情を幾度となくみせてきたことからも、タイトル獲得の前に立ちはだかる敵は、実はバイエルン自身とは言えないだろうか?だがフリック監督は「勝利へ高い意思をもっている」とこれを否定。

 「むしろ選手たちには大きな賛辞を送るべきだろう。確かに勝ち点を失ったところはあった。しかし練習に勤しむその姿や、そこでみせているモチベーションの高さなどは、実際に見事なものがある。だからこそ自分たちが敵だとは思わない。このチームには1シーズンを成功でおさめられるだけの姿勢がみられ、意思が感じられるのだから」と、言葉を続けた。「事実、我々は勝ち点差2をつけて首位に立っている。私自身、それ以外に何の関心もないよ」

【2月27日23:30〜】

バイエルンの先発予想(1位):ノイアー – ズーレ, ボアテング, アラバ, デイヴィース – キミヒ, ゴレツカ – L.サネ, ムシアラ, コマン – レヴァンドフスキ
負傷,etc.:ダグラス・コスタ (中根足の亀裂骨折), T.ミュラー (コロナ感染), クアッシ (筋束断裂), ニューベル (足首の靭帯損傷), パヴァール (コロナ感染), トリッソ (筋肉系の損傷),
ケルンの先発予想(14位):T.ホルン – チェスティッチ, ホルヘ・メレ, チホス – エヒジブエ, ヤコブス – スキリ – M.ヴォルフ, レジュベツァイ – ドゥダ – デニス
負傷,etc.:アンデション (膝の骨髄浮腫), ボルナウ (背中の問題), ヘクター (筋肉系の問題), カインツ (復帰途中), 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報