ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月07日

ドルトムント戦負傷交代のボアテング、大事に至らず

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜夜に行われた注目のドイツ頂上決戦、ボルシア・ドルトムント戦にてバイエルンがホームで4−2と勝利を収めた際に、そこにこの日スターティングメンバーに名を連ねていたジェローム・ボアテングの姿は見受けられなかった。

 元ドイツ代表ディフェンダーは後半69分に、ダフードからロイスに提供されたパスをクリアした際に負傷。試合後にハンジ・フリック監督から、「左膝を捻った」ことが明らかにされており、「今は診断結果を待っているところだ」と言葉を続けていた。

 そしてその翌日の日曜日には、その検査の結果で「左膝の関節胞に過度伸展のみがみられる」ことが判明。そのためこれからは、「個別による調整」で回復はかっていくという。ただし具体的な離脱期間については、特にクラブ側から明かされることはなかった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報