ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月23日

遠藤航へのファウルで退場のデイヴィースに、2試合の出場停止処分

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は、週末に行われたVfBシュトゥットガルト戦にて、退場処分を受けていたバイエルン・ミュンヘンのアルフォンソ・デイヴィースに対して、「相手選手に対するラフなファウル」とし、2試合の出場停止処分を科す判断を下した。

 前半12分に主審のダニエル・シュラーガー審判員は、遠藤航に対してファウルを犯したカナダ代表に対して、当初はイエローカードを提示していたものの、その後にVARが介入。シュラーガー審判員は判定を修正し、退場を宣告している。なお足首に強い打撲を受けた遠藤は、しばらく治療を受けた後にプレーを継続。翌日には日本代表参加のために出発した。

 その一方でデイヴィースについてはこれにより、代表戦明けに行われるRBライプツィヒとの首位攻防戦、さらにはウニオン・ベルリン戦でも欠場を余儀なくされることになるものの、ただチャンピオンズリーグ準決勝パリ・サンジェルマン戦に関しては、出場が認められている。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報