ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月29日

ダヴィド・アラバ、4クラブ競合も、流れはレアルか

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏のバイエルン・ミュンヘン移籍が明らかとなってすでに時間が経過している、ダヴィド・アラバ。いまだその新天地は明かされないままとなっており、そこには主に4つのクラブが獲得を目指しているようだ。確かに同選手の代理人ザハビ氏は、kickerに対して「スペインが将来設計において優先はされるものの、他のクラブとも交渉を行っている」とコメント。「どこになるかは、ダヴィド自身が決断しなくてはならない」と、言葉を続けた。

 ただそれでもそのスペインの名門、レアル・マドリードが獲得への自信を抱いているところであり、関係者によればすでにゴールに迫っているとも見ている模様。バルセロナもその点では候補に挙がるところだが、それでも10億ユーロの負債を抱える状況では金銭面での折り合いが厳しいところか。パリ・サンジェルマンにおいても金銭面での折り合いが必要であり、チェルシーはアラバの希望リストの上位にはいない。ザハビ氏によれば、特にアラバは期限を設定していないという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報