ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月31日

リロイ・サネの成長に賛辞を贈る、レーヴ代表監督

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2021年最初の代表戦期間となった今回のワールドカップ予選において、ドイツ代表は2020年度に見せていたものとは異なる戦いぶりをみせていることも、今夏限りで退団を決意しているヨアヒム・レーヴ監督を大いに喜ばせるものだ。中でも指揮官は、リロイ・サネについて「印象的な」変化を感じ取っているという。

 「リロイは守備面において、非常にいい場面をいくつも見せているところだ」と、今夏にマンチェスター・シティからバイエルンへと移籍したウィンガーについて称賛。「この2試合において、それは顕著に表れていた。私にとって、それは最もポジティブな事としてみている1つの現象だよ」と言葉を続けている。

 さらに具体的には、「ロストした時、歩いが全体的に切り替えた時、素早いテンポのまま」で守備へと戻っており、その結果ルーマニア代表戦では「4・5回はボールの奪取に成功していた。アイスランド代表戦でもそれは見られていたものだよ」と指揮官。「こういう姿はあまり目にしていなかったものであり、明らかに彼は1歩前進を遂げていると思うね」と賛辞に値するものとの見方を強調した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報