ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月06日

一時代に終止符、ボアテングがバイエルン退団へ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 契約が満了となるこの夏をもって、ジェローム・ボアテングは10年間に及ぶバイエルン・ミュンヘン時代へ、幕を閉じることとなった。バイエルンの相談役会は先日、同選手との契約を延長しないことを判断。すでにボアテングの代理人には、その旨が伝えられている。

2度の三冠達成、W杯優勝

 10年前にマンチェスター・シティから加入した32才のCBは、クラブ史上最大の成功をおさめる一時代を築くことに大きく貢献。2013年と2020年にブンデスリーガ、ドイツ杯、チャンピオンズリーグの三冠を達成。さらに2014年に行われたブラジルW杯においても優勝を果たすなど、ドイツ代表においても一時代を築いた。

ヘーネス氏の発言はその後の矛盾を避けるため

 そのため最近では不振の代表においてミュラー、フメルスらと共に、代表復帰への期待感が高まっているものの、ヘーネス名誉会長はそのことに否定的な見解を示し、それでもフリック監督はあくまで支持する考えを強調したが、おそらくヘーネス氏の発言の背景には今回の契約解消という決断と、代表推薦発言による矛盾が生じることへの、クラブ首脳陣に対する配慮もあってのことだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報