ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月08日

サリハミジッチSD、ボアテングの退団を認める「彼に伝えた」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既にkickerではジェローム・ボアテングが、10年間過ごしたバイエルン・ミュンヘンから今夏に退団する見通しであることをお伝えしていたが、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝パリ・サンジェルマンとの1stレグにて、ハサン・サリハミジッチSDがこの報道を認める発言を行っている。

 2011年にマンチェスター・シティからバイエルン・ミュンヘンへと加入し、これまでブンデスリーガ8回、ドイツ杯5回、チャンピオンズリーグ2回優勝を果たしてきた32才に対し、「私はジェロームに、その旨を伝え、そして彼も理解してくれたよ」と明かした。

 バイエルンではここのところボアテングを巡り、ウリ・ヘーネス名誉会長はドイツ代表復帰へ否定的な発言を行ったことに、フリック監督が反論。先日も「彼に対する私のスタンス、そして彼自身がもつそのクオリティについては、誰もが知るところだと思う」と、支持を強調していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報