ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月09日

バイエルン、パリ戦での負傷3選手が揃って欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜夜に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝、パリ・サンジェルマンとの1stレグはバイエルン・ミュンヘンにとって、あらゆる意味で残念な結果となってしまった。度重なるチャンスを活かしきれず、守備面での脆さを露呈し、初戦を黒星発進。さらに前半途中で2人の主力が、共に途中交代を余儀なくされている。

 まず前半33分に交代したのは、レオン・ゴレツカ。代わりにはアルフォンソ・デイヴィースが投入されており、その9分後にはニクラス・ズーレが、ジェローム・ボアテングと入れ替わりでピッチを後に。共に筋肉系の問題を抱えているようで、週末のウニオン戦での欠場をフリック監督が明らかにした。

 さらにリュカ・エルナンデスについても、「痛みを伴う肋骨への打撲」を抱えており、それに加えて本日の練習中に負傷して「中断せざるをえなかった」マルク・ロカも不参加に。ただ「レオンとリュカについては、当然ながらパリ・サンジェルマン戦に間に合うよう期待している」とも説明。だがズーレにつちえは次節のヴォルフスブルク戦でも疑問視されているところ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報