ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月19日

バイエルンからレンタル中のダジャク、負傷中にコロナにも感染

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FCウニオン・ベルリンは、今冬にバイエルンのセカンドチームから加入中の、レオン・ダジャクからコロナ陽性反応が確認され、3日前から隔離生活に入っていることを明らかにした。なお状態は良いとのこと。

 20才のオフェンシブプレイヤーは、4月はじめに行われたヘルタ・ベルリンとの首都決戦において、松葉杖をついてスタジアムへと姿を見せており、その後フィッシャー監督から、その前の練習で足を負傷していたことが明かされていた。

 その際にオリヴァー・ルーネルト競技部門取締役は、離脱期間として「6〜7週間」と見ており、そのためこのコロナ検査の前には自宅のあるシュトゥットガルトに滞在していたため、チーム自体には影響はないとのこと。

バイエルンII、ワグナーがテュルクギュジュ・ミュンヒェンへ

 その一方でバイエルン・ミュンヘンでは、セカンドチームのミヒャエル・ワグナーが、同じくブンデス3部のテュルクギュジュ・ミュンヒェンへと移籍することが明らかとなった。20才のGKとの契約に関する詳細は発表されていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報