ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月25日

敗戦で優勝お預けのノイアー「あれじゃ勝てないよ

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05戦での敗戦により、ブンデスリーガ9連覇はひとまず来月へとお預けとなった、バイエルン・ミュンヘン。特にこの試合の前半45分間でみせていたものは、本来のパフォーマンスとは程遠い内容であり、オフェンス面ではあまり良い所はなく、守備面ではマインツの大胆に突くカウンターサッカーに苦しめられる結果に。

 まずは開始わずか3分にヨナタン・ブルカルトに先制点を許すと、10分、16分、18分と立て続けに絶好機を許し、むしろポストによって2度も救われながらも、クアイソンの追加点により0−2で折り返す展開をみせてしまったのだ。

 それだけではない。後半からもバイエルンはなかなか本調子には戻りきれず、確かにマインツへそこまでの得点チャンスこそ許さなかったが、ただ自身にとってもこれといった場面は作り出せず、シュート数で上回ろうとも、支配率で上回ろうとも「物足りない」と主将マヌエル・ノイアー。

 スタッツ上ではシュート数15;6、支配率72%と示されていたとしても、この試合で勝利に相応しかったのはマインツであることに変わりはないだろう。「あれでは勝てるはずがないさ」とノイアー。「彼らの高いモチベーションは明らか」とその奮闘ぶりに驚くことはなく、「僕たちとしてはもっと期待していたけど、特に前半はあまりに物足りなかったよ」と強調している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報