ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月29日

バイエルン、クラブ史上最年少監督ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 この夏よりハンジ・フリック監督の後任として、RBライプツィヒからユリアン・ナーゲルスマン監督が就任することが発表されたが、果たして将来を嘱望される33歳の青年指揮官は、バイエルン史上何番目の若さで指揮をとることになるのか?以下、一覧でチェックしていこう。

【13位:ニコ・コヴァチ】
初陣:2018年8月24日(46歳と313日)
指揮:ブンデス44試合

【12位:パール・チェルナイ】
初陣:1978年12月16日(46歳と56日)
指揮:ブンデス150試合

【11位:ユルゲン・クリンスマン】
初陣:2008年8月15日(44歳と16日)
指揮:ブンデス29試合

【10位:ペップ・グラルディオラ】
初陣:2013年8月9日(42歳と203日)
指揮:ブンデス102試合

【9位:ユップ・ハインケス】
初陣:1987年8月1日(42歳と84日)
指揮:ブンデス247試合

【8位:ズラトコ・チャイコフスキ】
初陣:1965年8月14日(41歳と263日)
指揮:ブンデス102試合

【7位:ウィリ・サニョル】
初陣:2017年10月1日(40歳と197日)
指揮:ブンデス1試合

【6位:ブランコ・ゼベツ】
初陣:1968年8月17日(39歳と92日)
指揮:ブンデス試合

【5位:クラウス・アウゲンターラー】
初陣:1996年5月18日(38歳と235日)
指揮:ブンデス1試合

【4位:ウド・ラテック】
初陣:1970年3月14日(35歳と57日)
指揮:ブンデス299試合

【3位:ユリアン・ナーゲルスマン】
初陣:2021年8月7日(34歳と15日)
指揮:ブンデス?試合

【2位:セーレン・レアビー】
初陣:1991年10月12日(33歳と253日)
指揮:ブンデス15試合

【1位:ラインハルト・ザフティヒ】
初陣:1982年5月21日(30歳と118日)
指揮:ブンデス4試合
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報