ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月13日

レヴァンドフスキが練習中断。記録更新への影響は?

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日にもブンデスシーズン最多得点記録の更新も視野に入れる、ロベルト・レヴァンドフスキがその2日前の練習で中断していたことが明らかとなった。これはドイツの大衆紙ビルトが報じたものであり、グラッサウにて行われている隔離合宿にて、わずか40分ほどで切り上げたとのこと。

 特に外部から何らかの影響を受けずに負傷を抱えたようで、チームドクターを務めるヨッヘン・ハーネ医師、フィジオのジャンニ・ビアンキ氏と共に、ピッチを後にしたという。だが間も無くしてバイエルン公式ツイッターでは、「負担を考慮して、他の選手よりも早めに」切り上げたと説明。そのため恐らく週末の試合を危ぶむものではないだろう。

 既にバイエルンはリーグ9連覇を達成済みではあるのだが、レヴァンドフスキにとっては1971/72シーズンに”爆撃機”ゲルト・ミュラーが記録した、シーズン最多得点記録40得点更新という大きな目標があり、前回の代表戦期間での負傷により4週間近く離脱しながら、残り2試合で39得点というところにまで迫っているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報