ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月17日

フリック監督「ニューベルは良いプレーをみせていた」

FC Bayern München
バイエルン・ミュンヘン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンのアレクサンダー・ニューベルは、ブンデスリーガ初出場まで、第33節まで待ち続けなくてはならなかった。バイエルンの一員としてはじめて、リーグ戦に出場した同選手は、これでバイエルン史上24人目のGKとなったものの、だが次節ではおそらく主将マヌエル・ノイアーが出場して優勝杯を受け取ることが見込まれるため、これが唯一の出場となるかもしれない。

 確かにニューベルは今回のフライブルク戦にて、移籍後おそらく初めて実力を発揮できる機会を得た。これまでのドイツ杯初戦デューレン戦や、CLアトレチコ戦、ラツィオ戦ではあまり守備機会はなく、今回はフリック監督から「良いプレーだったね。特に後半はその存在感を示す場面が何度もみられたよ」と評価。

 ただし来シーズンの動向については、いまだ不透明となったままだ。さらなる出場機会を求めるニューベルに対し、マヌエル・ノイアーは出場機会の減少を快く思っておらず、そのような状況下で新たに就任する青年指揮官ユリアン・ナーゲルスマン監督は、どういった判断を下していくのか。1・2年のレンタル移籍ということも考えられ、その点を考えれば今回のフライブルク戦は文字通り”良いアピール”になったかもしれない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報