ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月29日

ダヴィド・アラバ、レアル・マドリードと5年契約

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 この夏にダヴィド・アラバは、13年間在籍したバイエルン・ミュンヘンへと別れを告げ、レアル・マドリードへと移籍することとなった。スペインの首都にてオーストリア代表は5年契約を締結している。なおそのレアル・マドリードではセルヒオ・ラモスもフリーで移籍する可能性があるため、アラバにはその穴埋めが期待されるかもしれない。

 16歳でオーストリア・ウィーンからミュンヘンへと渡ったアラバは、2010年にファン・ハール監督の下でプロデビュー。以来バイエルンにてブンデス制覇10度、CL制覇2度、ドイツ杯優勝6回、クラブW杯優勝2回を達成。今月初めに同選手は、クラブマガジンにて「1つの時代の終焉は辛い」と述べつつ、「今後についても楽しみな気持ちもあるよ。決して今回の決断は、バイエルンに問題があって決めたことではないんだ」と強調していた。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報